ブランクナース

ブランクナースと現任教育の不安について考える

ブランクナースと言っても、その経歴や知識、そして仕事への意識はまちまちです。15年ブランクがあっても日々勉強を続けており、看護師以外の資格まで得ている場合もあります。反対に主婦業、育児業に手がかかり、就職した知識や経験も生かせない場合もあるのです。看護に向ける思いは変わらないでしょうが、そのために何を努力したかは人それぞれなのです。そして、ブランクナースのほとんどが大きな不安を抱えて復帰してきます。育児と、職場に対する不安が大きな二つでしょう。夫以外にフォローしてくれる人を見つけている場合はまれです。多くは自分だけが子どものフォローをしなくてはならないケースです。子どもの急な病気にどう対応したらいいだろうか。誰に相談したらいいいいのだろうか。その対応先を見つけることなく復帰してくるケースがほとんどです。その対応も引き受ける現場に任されてしまいます。現任教育も大きな問題です。経歴さまざま、知識技術の習得段階も様々なブランクナースへの指導は困難を極めます。指導に向き合う担当者も、本人も同様に大きな不安を抱えています。

ナース求人の情報はこんなところにもあります。

ナース求人の情報を探す場合、医療系の求人サイトやハローワーク、ナースバンクなどを探す方が多いと思います。そんな時、以外と忘れがちなのが福祉系の求人サイトです。福祉施設や在宅訪問介護、看護系の事業所では、看護師の配置が法律で必須となっているところが多く、ナース求人の情報が掲載されていることが多くみられます。福祉系の求人のメリットは、日中のみの勤務が多いことや、パート勤務の求人が多いことです。また、ブランクがある方が多く働いている分野でもあります。医療の現場を離れてしまうと、キャリアに遅れが出るのではないかと心配する方もいますが、福祉の現場では、医師、介護士、社会福祉士、保健師、薬剤師など多職種との連携をとりながら患者と向き合える機会となり、地域医療についても学べるチャンスです。ナース求人を探している方で、在宅での療養やリハビリに興味のある方は、ぜひ情報元のひとつとして、福祉系の人材バンクや就職紹介所を活用してみてはいかがでしょうか。

ブランクナースが復帰するときサポートがあります

看護師の資格を持っていても、結婚や出産で退職したり、子育てが忙しくて家庭と両立出来ないなどの理由で働きたくても働けないブランクナースの方は多くいます。また、職場への復帰を希望していても、多くの方はブランクがあるために不安で出来ない方もいます。ブランクナースが復帰するときに不安な技術や知識に関しては、ナースセンター事業の一環で、各都道府県の看護協会が研修を行っています。インターネットによる「eラーニング学習」と「病院での臨床実習」を組み合わせた支援サービスなどもあります。病院での実習は、施設独自のプログラムを活用した基礎演習以外に、受講者同士の意見交流や復帰した方の体験談などを聞いたりできます。また、人材紹介サービスでは、医師やベテラン看護師の元で受けられるブランクナースのための「復職支援セミナー」なのも定期的に開催しています。この人材紹介サービスでは、どの年代でも教育や研修を受けられますし、子育てとの両立が不安な方のための24時間体制の託児所がある病院を紹介してくれたりと、ニーズに合わせた職場を紹介してくれます。

3年以上のブランクがある看護師に適した働き方

看護師の中には結婚や出産を機に退職してしまう人が多いですが、育児に手がかからなくなった頃に復職を希望することも多いと言えます。3年以上のブランクがあると職場復帰しても簡単ではありませんし、ブランクが長くなると新しい技術や知識が必要になってきます。現在では看護師の人材が不足しているため、ブランクのある潜在看護師の復職に積極的な医療機関が多くなっています。また支援をする地方自治体も多いため、復職を希望する場合には地方自治体の支援制度を活用するのが良い方法です。研修制度がある場合もありますし、パートとして短時間勤務からはじめられる場合もあります。地方自治体の担当課に確認してみる必要がありますし、規模の大きな医療機関では随時募集をしている場合もあります。看護の職場から長く離れてしまうと元の状態に戻るのは大変ですが、なれることからはじめる必要があります。支援制度を活用すれば長く遠ざかっていた人でもスムーズに進めることが可能です。

ブランクを抱えたままで単発のナース求人へ応募することについて

単発のナース求人に対する応募の際に、ブランクのあることがあります。ブランクを抱えたままになりますと、応募そのものも不安になります。家庭の事情などによって、一旦、ナースの仕事から離れていたたものの、その後の状況から、時間的、経済的にも仕事の再開を目指そうとする人は少なくありません。経験年数や年齢的に、正規の職員での採用が難しいと判断した場合などは、単発での仕事復帰を選びます。単発であれナース求人である以上は、患者に対して真摯に向き合っていく業務がおこなわれなければなりません。自身のナースとしての自覚の復活とともに、技能を見直し、復習をおこなうことが大切になります。ナース求人を専門に扱う紹介機関などが、ブランクを作っているナースに対する講習会や勉強会を開催していますので、そこへ参加してみるのもひとつの方法です。自身でテキストを見直して独学で勉強をしてみたところで、実技面の復習には限界があります。更に、患者に対する配慮を思い起こすにあたっても、講習会の場のほうが、実際の感覚の戻りやすさがあります。